◆コーヒー豆(ALL)

  • ¥ 1,400
  • ご要望の多かった美味しいカフェインレスコーヒーをご紹介いたします。 心地よい香ばしさのフルシティローストでブラックはもちろんカフェオレにもお使いいただけます。シーンを選ばずお飲み頂けますので素敵なコーヒーライフにどうぞご活用ください。 <生産情報> 生産者:アラディノ・デルガド 所在:カハマルカ県ハエン郡チュンチュカス地区チョンタリ 標高:1,900-2,000m 品種:カトゥーラ 収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫 精製:発酵槽を使用したウォッシュト 輸送:産地⇒加工地(ドイツ)⇒日本、全てリーファーコンテナ カフェイン除去加工:超臨界CO2による除去

  • ¥ 1,300
  • シティーロースト(中深煎り)のブレンドです。 程よいコクと酸味がバランスよくお楽しみ頂けます。

  • ¥ 1,300
  • フレンチロースト(深煎り)のブレンドです。 柔らかなコクと苦味に加え、果実味のあるかすかな酸味や甘さが調和した深煎りブレンド。

  • ¥ 1,500
  • エチオピアのニュークロップは、優良産地として名高いイルガチェフェのアリーチャウォッシングステーションから届きました。 花や紅茶の様な際立つ華やかな香りは、上質なウォッシュト※のイルガチェフェならでは。他のコーヒーと一線を画します。 シティローストよりも浅い焙煎になるこちらのハイローストは、華やかさが最大限に引き出され、苦味のないさっぱりとした口当たりと長く続く余韻の心地よさが魅力。今回のアリーチャは上質なイルガチェフェらしくジャスミンのような香り、アプリコットのような酸、程よいスパイシーさも感じられます。重厚なコーヒーが苦手な方にもおすすめです。 ※ウォッシュト(水洗式の精製方法) 収穫したコーヒーの実を機械にかけて果肉を剥いだのち水に漬けると(漬けない場合もあり)、豆に残った果肉のぬめり(ミューシレージ)が自然発酵します。この段階で豆を水で洗うとこのぬめりもきれいに洗い落とすことができます。その後、天日乾燥や機械乾燥を経てパーチメントコーヒー(薄い殻に生豆が1粒入った状態)となり、最後に機械でこの殻を剥くと生豆となります。ナチュラル(非水洗式)に比べて工程が多く設備等も必要ですが、実に混入していた異物(石や枝葉等)や未熟・過熟な実を取り除くことができ、乾燥も比較的良好なことから、世界中で一般的に行われている方法です。香味の特徴としては、クリーンでくせのない味わいとなる傾向にあります。 <生産情報> 生産者:アリーチャウォッシングステーション周辺の農家 所在:南部諸民族州ゲデオゾーン イルガチェフェウォレダ アリーチャ地区 標高:約1900-2200m 品種:在来品種 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,600
  • <生産情報> 農地:ペドレゴーツァ 生産者:デイベル・シフエンテ・オルドネス 所在:ウイラ県アセベド市サンアドルフォ 標高:1,750m 品種:ピンクブルボン 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

  • ¥ 1,680
  • コスタリカの新入荷は高い標高で栽培されたティピカ種のコーヒー。 きれいな酸と優しい甘みを活かした浅めのシティローストです。 <生産情報> 所有:レイバ兄弟 所在:サン・ホセ州ドタ市コペイ 標高:1,960-2,040m 品種:ティピカ 精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュ 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,560
  • 優良産地として名高いコンガエリアのウォテウォッシングステーションのコーヒーが再登場です。 花や紅茶の様な際立つ華やかな香りに加え、上質なナチュラル※のイルガチェフェならではの果実味に溢れています。シティローストではフレッシュなブルーベリーのようにも感じられます。 ※ナチュラル(非水洗式の精製方法) 収穫したコーヒーの実をそのまま乾燥させる方法で、ウォッシュト(水洗式)に比べて簡素な方法ですが、乾燥に時間を要するため濁りのない良質なナチュラルに仕上げるには神経を使います。乾燥した実は、最後に脱殻して生豆となります。乾燥期間中、ずっと果肉に接しているため、独特の香りや甘味のあるコーヒーとなる傾向にあります。 <生産情報> 生産者:ウォテウォッシングステーション Wotte Washing Station 周辺の農家 所在:南部諸民族州ゲデオゾーン イルガチェフェウォレダ コンガ地区 標高:1,900-2,200m 品種:在来品種 精製:アフリカンベッドを使用したナチュラル 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,400
  • <生産情報> 商品名:タママウンテン 生産者:トレード村の小農家 地域:ノルテ・デ・サンタンデル県トレード村 品種:ティピカ、コロンビア、カスティージョ、カトゥーラ、タビ 標高:1,500-1,800m 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,860
  • <生産情報> ファクトリー名:カラツ・ファクトリー Karatu Factory 1965年設立 ファクトリーオーナー名:David Kanya 所属農協名:Gitwe農協 ファクトリー所在:中央州ティカ県Gatundu地区Ndarugu ファクトリー標高:1,883m 品種:SL28、SL34、Ruiru11 精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,600
  • 甘く濃厚な香りとしっかりとしたコク、深煎りでも感じられるやわらかい酸のバランスが素晴らしく、コロンビアコーヒーの潜在能力の高さを感じさせます。 口に含むと感じられる弾力のある肉厚なボディをお楽しみ頂けます。 コロンビア南部に位置するナリーニョ県ブエサコ市の高い標高に位置する農園で非常に優れたコーヒーを生み出す環境に恵まれています。 <生産情報> 農園名:サンアントニオ 生産者:ニルソン・ロペス氏 所在:ナリーニョ県ブエサコ市メディナ・エスペホ 標高:2,050-2,100m 品種:カトゥーラ 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,680
  • マンデリンファンの皆様お待たせしました。ニュークロップの登場です。 独特の甘くスパイシーな香り、湿った森の土やレザー、トロピカルフルーツのニュアンスも。深いコクと滑らかな舌触りで深煎りコーヒーファンを虜にします。 リントン地区で大切に育てられている貴重な在来種をスマトラ式と言われる独特の方法で精製しています。その味わいの奥深さは、一般的に流通している他のマンデリンと一線を画します。ミルクとの相性も抜群で、カフェオレにもおすすめです。 <生産情報> 生産者:リントン・ニフタ及びパランギナンの指定農家40-50軒 所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県リントン・ニフタ(一部パランギナン) 品種:ガロンガン(ティピカ系伝統品種。クラシックスマトラとも呼ばれるものの1つ。) 精製:網棚乾燥を採用したスマトラ式 輸送:ドライコンテナ

  • ¥ 1,400
  • ナッツのような香ばしさと深く滑らかなコクは、深煎りのコーヒーがお好きな方におすすめです。今回のダテーラ農園はパルプトナチュラル精製です。非常にクリーンで癖のない柔らかな苦味の後にしっかりとした甘さが感じられます。現在のラインナップでは、最も酸味が少なく、ビタースイートな一品です。