◆コーヒー豆(中深煎・シティ-フルシティ/程よいコクと酸味)

  • ¥ 200
  • ドリップバッグがリニューアル! ベリーのようなフルーティさと程よいコクが人気のシングルオリジンです。 <生産情報> 生産者:サワナ農園 所在:オロミア州グジゾーン シャキソ地区サワナ 標高:1750-1830m 精製:アフリカンベッドを使用したナチュラル 品種:在来品種 5つまでならギフトボックスにも入るため、プレゼントにも最適です。 10個ご購入ごとに1個プレゼントいたします。 お好きな数、種類を組み合わせてご注文ください。 賞味期限:2020年5月8日

  • ¥ 1,400
  • シティーロースト(中深煎り)のブレンドです。 程よいコクと酸味がバランスよくお楽しみ頂けます。

  • ¥ 1,680
  • 優良産地として名高いコンガエリアのウォテウォッシングステーションのコーヒーのニュークロップが入荷しました。 花や紅茶の様な際立つ華やかな香りに加え、上質なナチュラル※のイルガチェフェならではの果実味に溢れています。シティローストではストロベリーのようにも感じられます。 ※ナチュラル(非水洗式の精製方法) 収穫したコーヒーの実をそのまま乾燥させる方法で、ウォッシュト(水洗式)に比べて簡素な方法ですが、乾燥に時間を要するため濁りのない良質なナチュラルに仕上げるには神経を使います。乾燥した実は、最後に脱殻して生豆となります。乾燥期間中、ずっと果肉に接しているため、独特の香りや甘味のあるコーヒーとなる傾向にあります。 <生産情報> 生産者:ウォテウォッシングステーション Wotte Washing Station 周辺の農家 所在:南部諸民族州ゲデオゾーン イルガチェフェウォレダ コンガ地区 標高:1,900-2,200m 品種:在来品種 精製:アフリカンベッドを使用したナチュラル 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,600
  • この農園は、その名の通り標高2,000mの高地に位置しています。ドタバレーというこの一帯は寒冷地で冷え込みが激しい土地ですが、この農園は2,000mという標高が加わりさらに厳しい環境にあるため、コーヒーの実の締まりが極めて良く超硬豆に仕上がっています。また、昨今の長引く乾季でさび病に苦しむ農家が多い中、この農園は特有の気候のおかげもあり被害はないとのこと。 この厳しい環境で生まれたコーヒーは、コスタリカらしい濃縮感のあるコクと甘さに加え、柑橘系の爽やかな酸とクリーンさが際立っています。 <生産情報> 農地:オルティス2000 所有:オマール・カルデロン Omar Calderon 所在:サン・ホセ州ドタ市サンタ・マリア SantaMaria de Dota ※Provinceを州、Cantoneを市としている 標高:2,000-2,150m 品種:カトゥアイ 精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,500
  • <生産情報> 生産者:ガルソン市の生産者 所在:ウイラ県ガルソン市 標高:1,450-1,800m 品種:カトゥーラ 精製:発酵槽を使用したウォッシュト 輸送:ドライコンテナ

  • ¥ 1,460
  • <生産情報> 農園名:ラ・トラベシア農園 所在:サカテペケス県アンティグア地域サンミゲルドゥエニャス、アカテナンゴ火山東側斜面 所有:フアン・ホセ・ファジャ、ファジャ・サンチェス家 農園運営:ペドロ・エチェベリア・ファジャ 標高:最下部地点約1,610m、最上部地点約2,000m 品種:ブルボン 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

  • ¥ 1,460
  • 要望の多かった美味しいカフェインレスコーヒーの新商品をご紹介いたします。 心地よい香ばしさのフルシティローストでブラックはもちろんカフェオレにもお使いいただけます。シーンを選ばずお飲み頂けますので素敵なコーヒーライフにどうぞご活用ください。 <生産情報> 農園名:フェスパ農園 所在:カハマルカ県ハエン郡ウワバル地区ウアコ 生産者:ウィルダー・ガルシア 標高:1,700-2,000m 品種:カトゥーラ 収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫 精製:発酵槽を使用したウォッシュト 処理方法:スイスウォーター 輸送:ペルー→カナダ:リーファー、カナダ→日本:ドライ