◆コーヒー豆(中深煎・シティ、フルシティ/程よいコクと酸味)

  • ¥ 1,400
  • ご要望の多かった美味しいカフェインレスコーヒーをご紹介いたします。 心地よい香ばしさのフルシティローストでブラックはもちろんカフェオレにもお使いいただけます。シーンを選ばずお飲み頂けますので素敵なコーヒーライフにどうぞご活用ください。 <生産情報> 生産者:アラディノ・デルガド 所在:カハマルカ県ハエン郡チュンチュカス地区チョンタリ 標高:1,900-2,000m 品種:カトゥーラ 収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫 精製:発酵槽を使用したウォッシュト 輸送:産地⇒加工地(ドイツ)⇒日本、全てリーファーコンテナ カフェイン除去加工:超臨界CO2による除去

  • ¥ 1,300
  • シティーロースト(中深煎り)のブレンドです。 程よいコクと酸味がバランスよくお楽しみ頂けます。

  • ¥ 1,600
  • エチオピアで生産されるナチュラル精製のコーヒーは、フルーティーな香り(ドライフルーツ・ピーチ・バニラ等)や滑らかなコク・甘さが特徴で、女性にも人気があります。 ナチュラル精製のコーヒーを専門に生産しているこのサワナ農園のコーヒーは、非常に上品なナチュラルフレーバーとクリーミーな触感に加え、ウォッシュト(水洗式の精製方法)の様なクリーンさも併せ持った味わいです。 この農園を所有するBargersh社は、かつてミスティバレーと呼ばれたナチュラル精製コーヒーを世に送り出した高品質ナチュラル精製コーヒー生産のスペシャリストなのです。 ※ナチュラル(非水洗式の精製方法) 収穫したコーヒーの実をそのまま乾燥させる方法で、ウォッシュト(水洗式)に比べて簡素な方法ですが、乾燥に時間を要するため濁りのない良質なナチュラルに仕上げるには神経を使います。乾燥した実は、最後に脱殻して生豆となります。乾燥期間中、ずっと果肉に接しているため、独特の香りや甘味のあるコーヒーとなる傾向にあります。 <生産情報> 生産者:サワナ農園(Bargersh社所有) 所在:オロミア州グジゾーン シャキソ地区サワナ 標高:1750-1830m 精製:アフリカンベッドを使用したナチュラル 品種:在来品種

  • ¥ 1,500
  • <生産情報> マイクロミル:コラソン・デ・ヘスス 所在:サン・ホセ州ペレス・セレドン市リバス、ピエドラ 農地:エル・サリトレ 区画:エル・ジャノ 所有:ジョニー・アルバラード・アバルカ 標高:1,700m 品種:カトゥーラ、カトゥアイ 精製:ミューシレージを除去せず、湿度高め、日陰でゆっくり乾燥させるハニー製法(通称レッドハニー:パルプトナチュラルの1種) 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,400
  • <生産情報> 商品名:タママウンテン 生産者:トレード村の小農家 地域:ノルテ・デ・サンタンデル県トレード村 品種:ティピカ、コロンビア、カスティージョ、カトゥーラ、タビ 標高:1,500-1,800m 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ