◆コーヒー豆(深煎・フレンチ/しっかりしたコクと苦味)

  • ¥ 200
  • ドリップバッグがリニューアル! しっかりとしたコクと甘味が人気のシングルオリジンです。 <生産情報> 農園名:ダテーラ農園 所有者:ダテーラ社 所在:ミナスジェライス州セハードエリア・パトロシーニョ市 品種:ブルボン 収穫:機械収穫 精製:パルプトナチュラル 輸送:リーファーコンテナ 5つまでならギフトボックスにも入るため、プレゼントにも最適です。 10個ご購入ごとに1個プレゼントいたします。 お好きな数、種類を組み合わせてご注文ください。 賞味期限:2020年5月8日

  • ¥ 1,400
  • フレンチロースト(深煎り)のブレンドです。 柔らかなコクと苦味に加え、果実味のあるかすかな酸味や甘さが調和した深煎りブレンド。

  • ¥ 1,940
  • スペシャルティコーヒーの世界において重要な生産国であるケニア。初めて取り扱うこのカムワンギファクトリーは、そのなかでも優良な産地として知られるキリニャガに位置しています。 <生産情報> ファクトリー名:カムワンギ・ファクトリー 所属農協名:New Ngariama※カイナムイと同じ農協 ファクトリー所在:キリニャ郡Gichugu地区Ngariama区 品種:SL28、SL34、Ruiru11 精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト 規格:AA 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,400 SOLD OUT
  • 黒糖のような甘い香りとマイルドなコク、深煎りでも感じられるやわらかい酸のバランスが素晴らしく、コロンビアコーヒーの潜在能力の高さを感じさせます。 <生産情報> 商品名:タママウンテン 生産者:トレード村の小農家 地域:ノルテ・デ・サンタンデル県トレード村 品種:ティピカ、コロンビア、カスティージョ、カトゥーラ、タビ 標高:1,500-1,800m 精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト 輸送:リーファーコンテナ

  • ¥ 1,500
  • <生産情報> 商品名:エル・ホルダン 生産者:エル・ホルダン生産者組合に所属する50の小規模生産者 所在:トリマ県プラナダス市ガイタニア 標高:1,500-1,900m 品種:カトゥーラ 精製:発酵槽を使用したウォッシュト

  • ¥ 1,560
  • <生産情報> 生産者:オナンガンジャンの農家 所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県オナンガンジャン 標高:1,400m程度 品種:オナンガンジャン(オナンガンジャン地区で発見されたクラシック・スマトラ※の1つ。) 収穫:オナンガンジャン品種の木にリボンを括り付け間違いないよう収穫、完熟チェリーを選択的に手収穫 精製:スマトラ式 ※クラシック・スマトラ 1876年スマトラにおいてもサビ病が発生し壊滅的被害をもたらしたこと、その余波としてロブスタやハイブリッド品種への植替えが進んだことで、当時スマトラで栽培されていたティピカ品種は失われたと考えられていた。しかし、後にスマトラ島の奥地であるトバ湖周辺において当時栽培されていたティピカ系品種の生き残りが再発見された。

  • ¥ 1,680 SOLD OUT
  • 独特の甘くスパイシーな香り、湿った森の土やレザー、トロピカルフルーツのニュアンスも。深いコクと滑らかな舌触りで深煎りコーヒーファンを虜にします。 リントン地区で大切に育てられている貴重な在来種をスマトラ式と言われる独特の方法で精製しています。その味わいの奥深さは、一般的に流通している他のマンデリンと一線を画します。ミルクとの相性も抜群で、カフェオレにもおすすめです。 <生産情報> 生産者:リントン・ニフタ及びパランギナンの指定農家40-50軒 所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県リントン・ニフタ(一部パランギナン) 品種:ガロンガン(ティピカ系伝統品種。クラシックスマトラとも呼ばれるものの1つ。) 精製:網棚乾燥を採用したスマトラ式 輸送:ドライコンテナ

  • ¥ 1,400
  • ナッツのような香ばしさと深く滑らかなコクは、深煎りのコーヒーがお好きな方におすすめです。今回のダテーラ農園はパルプトナチュラル精製です。非常にクリーンで癖のない柔らかな苦味の後にしっかりとした甘さが感じられます。現在のラインナップでは、最も酸味が少なく、ビタースイートな一品です。 <生産情報> 農園名:ダテーラ農園 所有者:ダテーラ社 所在:ミナスジェライス州セハードエリア・パトロシーニョ市 品種:ブルボン 収穫:機械収穫 精製:パルプトナチュラル 輸送:リーファーコンテナ